PCB処理コンサルティングのリーディングカンパニー

廃感圧複写紙処理に関するサービス

廃感圧複写紙処理に関するサービス

保管事業者様には、「 適正な保管・管理を行なう」、「 毎年保管・処理状況を届け出る」、「 管理責任者を設置する」、など様々な義務が課せられており、管理および経済的な負担が強いられています。また、同時に様々な罰則のリスクを負っています。

弊社は、平成29年4月に環境省から公表された「低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法(第3版)」に準拠して廃感圧複写紙の処理費用削減のご提案を致しております。
また、保管事業者様が保管する廃感圧複写紙の個人情報を厳重に管理した上、エリアに応じた最適な収集運搬と無害化処理施設の選定をワンストップサービスで提供いたしたおります。

弊社は個人情報保護法に基づきコンプライアンスを順守し、保管事業者様が保管するPCB汚染物の処理費用削減の最大化に努めております。

※PCB廃安定器の正しい分別方法や、処理費用削減効果が高い分別等の推進を図る為、中間貯蔵・環境安全事業株式会社及び公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団が共済する「廃安定器の適正処理推進に関する研修会」参加企業として中間貯蔵・環境安全事業株式会社のホームページに掲載されました。

廃感圧複写紙処理に関するサービス

・保管状況確認サービス
・処理費用削減のコンサルティング及び実施
・低濃度処理に関わる手続き一式サポートサービス
・特別措置法に基づく行政への保管届け文章作成支援

当社サービスの特徴

  • コンプライアンスを徹底し、かつ経済的にも最適化したサービスの提供
  • 専門的な知識により、短期間でお客様の保管状態を精査(保管リスクの確認)
  • 対象機器を分析してPCB含有状態による分類を行い、組成にあわせた最適な運搬・処理計画を立案
  • 調査、計画策定、運搬、処理先搬入まで、ワンストップサービスで提供

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3221-1116

PAGETOP