PCB処理コンサルティングのリーディングカンパニー

電池寿命と充電方法 

長寿命で安定した充電量を確保のため、トリクル充電を採用

POWER VALUE SAVERの充電インジケータは、0%、25%、50%、75%、100%の5段階表示です。
充電管理を行うBMS(バッテリーマネジメントシステム)は、この5段階で均等に充電時間を割り振り充電するのではなく、充電量に応じて充電時間をコントロールしています。
まずは、0%から75%までは、充電時間を短くするために、電流を多く流して充電する、急速モードで充電します。
一方、満充電に近くなる75%から100%の間では、一転して電流を少なく流してバッテリーの劣化が進行しないように調整します。
これを、トリクル充電方式と呼びます。そこで、75%から100%の25%を充電する時間は、それまでより長い時間が掛かりますが、繰り返し充電回数を悪化させない理想的な充電方式です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3221-1116

PAGETOP