大型トランス、コンデンサなどPCB廃棄物処理の費用削減コンサルティング

大型トランス、コンデンサなど
PCB廃棄物処理の
費用削減コンサルティング

低濃度PCB廃棄物の処理期限は2027年3月31日まで!

低濃度PCB廃棄物処理のワンストップサービス

お客様のメリット

処理コストの削減

計画的な搬出・処理

事務業務の負担軽減

無償で現場調査を実施

相見積のご依頼でもOK

PCB安定器の
再仕分けも対応

当社が皆様に選ばれる理由

PCB廃安定器仕分けのトップクラスの実績

PCB廃安定器2019年度仕分け実績第1位
全国の24%、210,000台・770tの廃安定器を仕分け
PCB廃安定器処理費用平均15%削減※約900tのCO2削減(当社調べ)
非破壊検査(X線検査)による高精度な仕分け作業
国内の複数パートナー企業との連携による効率的な処理

X線・独自の管理システムを採用。安心安全で高精度な廃安定器の仕分け作業

非破壊検査(X線検査)の実施

外付け型安定器(コンデンサ非露出型)の判別が可能。
環境省通知9.16に記載されている形状と性状の確認をX線を使用して検査を実施。

非破壊検査(X線検査)の実施

独自の管理システムの採用

独自開発の管理システムを使用し、廃安定器、コンデンサ、保管容器などにQRコードを貼付。個別の安定器などが、どの搬出容器に詰め替えたかのトレーサビリティを担保。

独自の管理システムの採用

作業完了報告書(完成図書)

仕分け作業後の安定器管理台帳、X線検査報告書、分析機関による分析結果など処分に必要な書類一式を納品。
またJESCO搬入荷姿登録書類や行政届出書類も当社で作成し、ご担当者様の負担を軽減。

作業完了報告書

PCB廃棄物の処理までを一括窓口でサポート

仕分けを実施した後のPCB廃棄物については、収集運搬・処理までをパートナー会社と連携し、当社が一括窓口としてサポートすることも可能。
※低濃度PCB廃棄物

PCB廃棄物(大型トランスなど)処理の主な流れ

IMAGE before
お問い合わせ
現地調査
お見積り
ご契約
PCB分析
※対象物が
未分析の場合
解体分別
※必要に応じて
収集運搬
処理完了
IMAGE after

最終処理に向けてスムーズに搬出から処理までを進められるよう、当社が全面的にサポートいたします。

搬出運搬業者や処理会社への折衝や契約など様々な手続きを一括窓口でお受けいたします。

■弊社が搬出・処理をお手伝いする場合

弊社が搬出・処理をお手伝いする場合

事務手続き窓口として弊社が業者選定後に上記全てを一括で対応致します。

弊社に全て指示頂けるだけでご担当者様の事務負担を軽減し、処理に係る総費用を軽減します。

現地調査から最終処分までトータルサポート

大型トランスからOFケーブルまで、PCB廃棄物のことならお任せください。

代表的なPCB使用電気機器

トランス
コンデンサ
ブッシング
汚染物入りドラム缶
OFケーブル

SDGs

当社は、国連で定められた「持続可能な開発目標(SDGs)」達成にむけて、環境・社会・経済のサステナビリティな社会を実現する課題解決に貢献するための取り組みを展開しています。

エコアクション21

当社は、環境に配慮した企業活動を評価され、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)である「エコアクション21」の認証を取得。
企業活動が環境に与える影響を正しく認識し、環境負荷低減に向けた取り組みを実施しています。

エコアクション21

お問い合わせ

    貴社名必須
    部署任意
    お名前必須
    フリガナ必須
    郵便番号任意
    住所任意
    電話番号必須
    メールアドレス必須
    お問い合わせ内容必須
    個人情報のお取扱いに関する同意必須 個人情報のお取扱いに関する同意事項